2018年11月10日

がん治療薬の高額な費用と副作用の抑制に投与期間短縮





がん治療薬の高額な費用と副作用の抑制に投与期間を短縮できるかどうか、調べることになったのだそうで、大規模の臨床研究が行われるそうです。

ノーベル賞に選ばれた本庶佑さんの研究をベースに開発されたオプジーボなど、高い効果が期待できるがん治療薬がいろいろと開発されていますが、年間1000万円以上も治療費がかかったり、その作用に悩む患者さんもいることから、薬の投与期間を短縮できれば、費用を押さえることや、副作用の苦しみから解放される期待があるからです。

薬の効果が確認できる段階で、その後どのくらいの期間治療薬の投与を続けなければいけないのか、投与をやめても効果が持続する事が証明できるパターン等がわかれば、薬の投与も続けなくてもよくなるからです。

薬の効果が出ている段階で、実際に投与中止して副作用の悩みから解放された患者さんもいらっしゃるようですから、どのくらい効果的に投与期間の短縮ができるのか、異常に有益だと思われます。



Posted by moon586 at 18:49